歯科医師国民年金基金

  • ご意見・お問い合わせ
  • 関連リンク
  • サイトマップ
歯科医師国民年金基金

歯科医師国民年金基金制度の概要

国民年金基金は自営業者などのための公的な上乗せ年金

国民年金基金は、国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、自営業者等(国民年金の第1号被保険者)とサラリーマンとの年金額の差を解消するため、厚生年金に相当する、いわゆる2階部分の年金として設立されました。

国民年金基金は自営業者などのための公的な上乗せ年金

歯科医師国民年金基金は職能型

国民年金基金には、職種別に設立される職能型国民年金基金と、各都道府県ごとに設立される地域型国民年金基金の2種類があります。
歯科医師国民年金基金は、現在25ある職能型国民年金基金の第1号として、日本歯科医師会を母体とし、平成3年5月に設立されました。
なお、日本歯科医師会が運営する「日歯年金」に加入されている方でも重複して加入することができます。

「日歯年金」については
こちらへ
日本歯科医師会 厚生会員課
〒102-0073
東京都千代田区九段北4丁目1-20
03-3262-9323

歯科医師国民年金基金の加入要件

・国民年金の第1号被保険者または国民年金の任意加入被保険者(65歳まで)の方
・歯科診療所に従事する歯科医師または従業員(除く歯科技工士の方)
・地域型国民年金基金に加入していない方
※国民年金の第1号被保険者であっても、国民年金の保険料の納付が免除されている方は加入することはできません。
※歯科技工士の方は「歯科技工士国民年金基金」に加入することができます。

ページトップへ