歯科医師国民年金基金 4つのメリット

税制上の優遇措置

支払う掛金は全額が「社会保険料控除」、受け取る年金は「公的年金等控除」の対象となり、それぞれ所得税や住民税を軽減することができます。
万が一のときの遺族一時金は非課税です。

掛金は全額「社会保険料控除」

年金は「公的年金等控除」

65歳以上であれば、他の公的年金と合算して、年間110万円まで税金がかかりません。
万が一のときの遺族一時金は非課税です。

終身年金が基本

国民年金同様、65歳から生涯受け取れる終身年金が基本になりますので、長い老後に備えることができます。

年金額が確定、掛金額も一定

掛金の支払いにより、将来受け取る年金額が確定します。
加入時の掛金額は払込期間終了まで変わりません。

自由なプラン設計

ライフプランに合わせ、年金額や受取期間を設計できます。
加入後も年金・掛金の額を口数単位で増減することができます。