国民年金の任意加入被保険者とは

国民年金保険料の納付済期間が40年(480月)に満たない場合には、60歳から国民年金保険料を納めることで、65歳から老齢基礎年金を増やすことができる「任意加入制度」があります。

任意加入するための加入要件(次の①~④のすべての条件を満たす方)
①日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
②老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方
③保険料の納付月数が480月(40年)未満の方
④厚生年金保険に加入していない方

国民年金に任意加入できる期間や、加入手続きの方法

お住まいの市(区)役所または町村役場の国民年金担当窓口もしくは最寄の年金事務所にお問い合わせください。