歯科医師国民年金基金

  • ご意見・お問い合わせ
  • 関連リンク
  • サイトマップ
歯科医師国民年金基金

国民年金の任意加入被保険者とは

国民年金保険料の納付済期間が40年(480月)に満たない場合には、60歳から国民年金保険料を納めることで、65歳から老齢基礎年金を増やすことができる「任意加入制度」があります。

※満額の老齢基礎年金を受け取ることができる期間で、厚生年金・共済年金の加入期間も含みます。

任意加入するための加入要件(次の①~④のすべての条件を満たす方)
①日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
②老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方
③保険料の納付月数が480月(40年)未満の方
④厚生年金保険に加入していない方

お住まいの市(区)役所または町村役場の国民年金担当窓口もしくは
最寄の年金事務所にお問い合わせください。

ページトップへ